こんなにあるの?!社員研修の種類と利用方法

こんなにあるの?!社員研修の種類と利用方法

主に行われる社員研修

社員に向けて行われる研修は職種に分けて行われるものや階層別に違うものなどが挙げられます。社員研修では、仕事について初めて行われる新入社員研修、マネージャーなどの管理職向けのマネージメント研修、研修の結果が出ているかを確認するためのフォローアップ研修などが有名です。職種別の研修では、営業職研修、接客職研修などがあります。どれも同期入社や同じ職種の仲間と同時に研修を受け、現場で必要なスキルや心構えなどを学び、ディスカッションやロールプレイなどを通して身につけていくのが特徴です。一度仕事に配属されると、学びに集中できる機会は少ないため、集団研修の場は現状の把握や業務改善のためにも重要になります。

社員研修が実施される場所や期間

社内研修が整っている大企業では、研修専門の部門があり、自社が用意した研修施設などで学ぶこともあります。マネージメントなど特殊なスキルが必要な研修は外部の研修専門会社に委託し、他の企業の社員と一緒に研修を受けることも多いです。社内で社員が自分のペースで学べるeラーニングと併用し、実際に行う研修とともに進捗や理解度を把握するようなシステムをとる企業も増えました。研修は社員一人一人の成長に欠かせません。社員研修は短ければ半日、新入社員研修など大人数で1週間程度の期間学ぶこともあります。実施場所は自社のセミナー施設のほか、研修会社の会議室、ホテル、セミナーハウスなど用途や人数に合わせて決められることが多いです。

管理職研修を行うことで、新任の管理職の方に心構えや能力向上のための知識・技術を理解してもらうことができます。また、管理職を継続する方には役割の再確認をしてもらう良い機会となります。

Back to top