発電の常識が変わる?太陽の光で電気を作ろう!

発電の常識が変わる?太陽の光で電気を作ろう!

太陽光発電は設備の簡略化が大きなメリット

太陽光発電は環境を汚さないクリーンな発電と言われています。これは従来の発電がタービンを回転させる方法なのに対し、太陽光発電は専用のソーラーパネルに日光が当たることで電気が作られるためです。従来の発電施設はタービンを回転させるための水蒸気を発生させるために石油燃料や放射性物質を使っています。発電量が多く効率的なので広く普及していますが、その一方で施設に不具合が生じると甚大な被害に見舞われるのが欠点です。また、電気の供給システムの性質上、ひとつの発電施設に依存しやすいことも問題視されているのです。太陽光発電はソーラーパネルと変電用の機器が組み合わさったシンプルな設備です。大規模な発電には不向きですが、一つの建物に使う電気を賄う程度の発電には最適と言えます。

送電設備が不要なので場所を問わない

太陽光発電が注目されている理由として送電設備が要らない点が挙げられます。従来の発電は大掛かりな発電施設で作られた電気を各所へ送る仕組みです。電気を送るための送電設備を張り巡らせる必要があり、その設備を作るために行う開発工事が環境破壊に繋がると問題視されていました。太陽光発電なら電気を使う場所にソーラーパネルを置けば良いので送電設備を改めて設置する必要がありません。電線を支える鉄塔などを置くために野山を切り開く必要が無くなるので、環境破壊の大幅な軽減を図ることができます。また、送電設備を敷設するのが困難な離島や山奥、洋上で電力が得られるのも場所を問わない太陽光発電ならではのメリットと言えます。

太陽光発電の価格は年々下がってきています。しかし、今後も重要な発電手段の一つであることには間違いないので、ある程度の需要は見込めるでしょう。

Back to top