アポ取り部分に営業代行サービスを使って効率化

アポ取り部分に営業代行サービスを使って効率化

新規顧客の絞り込みのために使う

これまでに自社の商品を使ってくれていた会社は既存客になり、既存客なら顧客の情報もありますし将来的にも購入してもらえる可能性があります。既存客だけで売上が伸ばせればいいですが、もっと売上を伸ばしたいなら新規顧客の開拓も必要になるでしょう。新規顧客開拓をするには営業担当者が顧客にアプローチしなければならず、新規顧客開拓に時間を取られ過ぎると既存顧客へのサポートが弱くなるときもあります。営業代行サービスにはアポハンターと呼ばれるアポ取りを専門的に行ってくれるサービスがあり、これによって営業活動を効率化できます。これまでは営業担当者が自分で電話をして絞り込みをしていましたが、絞り込み部分をアポ取りのプロがしてくれるので電話をかける時間を減らせその分を訪問時間などに回せます。

人がいればアポが多く取れるわけではない

営業担当者が少ない会社などでは新卒などで営業社員を増やそうとするでしょう。ベテランの営業社員に交じって新人の営業社員もどんどん電話をかけてアポを取ろうとしますが、中々アポが取れなくてその先に進めないときがあります。営業活動は人を増やせば効果が上がるわけではなく、それなりに能力のある人が活動しないといけません。能力が不足している営業社員にアポ取りをさせようとするなら、アポ取りを専門的に行っている業者に依頼した方が良いかもしれません。アポを取るにはそれなりに話術が必要ですが新人の営業社員ではそれがありません。アポ取りの専門サービスは話術を持っている人が電話をしてくれるので、どんどんアポを取ってくれるでしょう。

企業で、スキルの不足や人手の不足という問題を抱えている際、営業代行は営業の即戦力を提供してくれます。

Back to top